ラクスルが『エンデバー・アントレプレナー』に選出されました

ラクスルは、この度世界最大の起業家コミュニティであるエンデバーより、優れたアイデアと実行力のある起業家として『エンデバー・アントレプレナー』に選出されました。

 

【『エンデバー・アントレプレナー(Endeavor Entrepreneurs)』とは】
エンデバーでは、優れたアイデアと実行力のある起業家を「エンデバー・アントレプレナー」として選出。選出された起業家は、それぞれの地域で活躍する起業家や有識者によるメンタリングや資金調達といった必要な資源の支援を受けることで事業を拡大させ、その地域での雇用創出や経済活動の発展に寄与することを期待されます。候補企業の中から選出されるには、国内選考会と国際選考会を全て面接官の全会一致で通過する必要があり、エンデバー・アントレプレナーとして選出され支援を受けられるのは、わずか全体の2.5%と狭き門であるといわれています。

 

【エンデバー(Endeavor)とは】
エンデバーは、支援起業家の選出・メンタリング・資金調達援助を通じ、世界経済の中長期的な成長に貢献する・ひいては雇用拡大を生み出す起業家を支援する非営利組織です。1997年にアメリカで発足し、そのネットワークは、起業家の世界進出支援を時間的・金銭的に継続支援することをコミットしている世界500名のボードメンバーと、広くエンデバーに関わるメンター数3,000名で構成されています。2016年11月に24カ国・27番目の拠点として一般財団法人「Endeavor Japan(エンデバー・ジャパン)」が設立され、2017年3月より日本での活動が本格化されました。

 

【ラクスルとは】
全国の印刷会社をネットワーク化し、各社の非稼働時間を活用することで、小ロットから大ロットまで高品質な印刷物を低価格でお客様に提供する印刷ECサービス「ラクスル」(https://raksul.com)を展開しています。また、限られた商圏でチラシを使って集客・販促活動を行っている中小企業や個人商店の「商売をラクにして、商売革命を起こす」という使命を掲げ、誰でも簡単に効果の出るチラシのデザイン、印刷、配布をワンストップで担う集客支援サービスも提供。2015年12月からはパソコンやスマホから「すばやく」「かんたん」に最適なドライバーをマッチングして荷物の配送予約ができるサービス「ハコベル」(https://hacobell.com/)をスタートさせており、印刷業界に限らず物流業界でも「仕組みを変えれば、世界はもっとよくなる」というビジョンのもとチャレンジを続けています。

2017年03月23日

ニュース
プレスリリース
メディア掲載