ラクスル株式会社は、「仕組みを変えれば、世界はもっと良くなる」というヴィジョンを実現し、永続的に企業を発展させていくために、健全な企業活動を行う必要があると考えています。
そのため当社では、社会の信頼に応えるべくコーポレートガバナンス体制を確立するとともに、コンプライアンスの実現にむけ、「ラクスル ・グループ行動基準」に基づき、役員・従業員の一人一人が日常業務の中で高い倫理観と責任感を持って業務に取り組んでおります。

コンプライアンス・ポリシー(ラクスル・グループ行動基準)

DO THE RIGHT THING.

“仕組を変えれば、世界はもっと良くなる”

設立当初から変わらぬラクスルのヴィジョンです。このヴィジョンの実現にむけて日々チャレンジするにあたり、私たちは、常に正しく誠実であるため、そして社会の信頼に応え続けるため、次の行いを実践することを誓います。

1 法令・社会倫理の遵守

私たちは、事業活動に適用されるすべての法令や社内ルールを遵守します。また、たとえ法的問題でなくとも、自分がしようとしていることは社会の期待に適っているか、家族・友人や愛する人に自信を持って説明できるか自問し、利益よりも正しい行いを選択します。

2 公正な競争と知的財産の尊重

私たちは、常に公正・透明・自由な競争をします。また、自社のアイデアや知的財産を保護すると共に、他者の成果・知的財産を尊重します。

3 パートナーとの対等で未来志向な関係

私たちは、公平かつ客観的な基準に基づいてサプライヤーや委託先、販売代理店等を選定します。サプライチェーン改革を共に進めるパートナーとして、常に対等に礼儀正しく節度をもって接し、WIN-WINの関係を構築します。

4 誠実なコミュニケーション

私たちは、適切な情報提供、誠実なコミュニケーションを行います。わかりやすい商品・サービス説明に努めると共に、他者の尊厳やプライバシー、ラクスルへの信頼(ブランド価値)を損なうような、不適切な情報発信・言動は厳に慎みます。

5 個人情報・プライバシーの保護

私たちは、インターネット企業の責務として個人情報を厳重に管理し、利用目的の範囲内でのみ利用します。また、ユーザーや従業員をはじめとする全てのステークホルダーのプライバシーを尊重します。

6 良好な職場環境

私たちは、働く仲間一人ひとりの人格・個性を尊重し、能力の発揮と自己成長の機会を提供します。そのために、心身ともに安全で健康的な職場環境を整備すると共に、公平な評価・処遇を行います。

7 情報開示と対話

私たちは、企業情報を公正かつタイムリーに開示し、経営の透明性を高めます。また株主や資本市場との積極的な対話を通じて、企業価値の向上を図ります。

8 会社財産の適正管理

私たちは、業務に関する情報を正しく記録・管理します。会社財産やユーザーの資産を大切に扱うと共に、公私混同や、自己の立場を利用して自身や第三者の利益を図ることは行いません。

9 反社会的勢力の遮断

私たちは、社会の安全・秩序に脅威を与えるような反社会的勢力とは関係を遮断します。不当請求は断固として拒絶し、いかなる利益供与も行いません。

10 不適切行為への厳正対応

私たちは、この行動規準に反する疑いのある行為を発見した場合は、躊躇なく上司や相談窓口に報告します。経営層は、報告に真摯に対応し、問題解決と再発防止を図ると共に、必要な場合は開示・処分を行う責任を果たします。

2020年10月15日制定

ラクスル株式会社コーポレートガバナンス報告書

<社外取締役の独立性判断基準>
社外取締役の独立性判断基準を、こちらの通り定めております。