ITデバイスやSaaS管理などのコーポレートIT業務の自動化を可能とするプラットフォームを運営する、ラクスルグループのジョーシス株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長CEO:松本恭攝、以下「当社」)は、当社におけるセキュリティ管理体制強化の一環として、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)に関する国際規格であるISO27001に基づくISMS認証を2022年12月15日付で取得したことをお知らせします。

  • 認証取得の背景

当社は「“職場を良くするために働く人”の可能性を解放する」をミッションに掲げ、コーポレートITのアナログ業務を自動化し、業務コスト削減とセキュリティレベル向上を支えるITデバイス & SaaS統合管理サービスを提供しています。

クラウドサービスを提供する事業者として、ご利用企業様への信頼の証となるISO27001の認証を通じて情報セキュリティ管理体制を構築することは必須であると考え、今回の認証取得に至りました。この認証取得により、業務コスト削減とセキュリティレベル向上を支えるITデバイス & SaaS統合管理サービス「ジョーシス」 は、より厳しいセキュリティレベルを求める多くの企業の期待に応えられる安全性を証明したと考えております。
今後も「ジョーシス」サービスを利用する全てのお客さまからの信頼向上を得るべく、セキュリティ強化を図り、安全性の高いクラウドサービスを提供してまいります。

 

  • 「ISO27017」について

ISO27017は、情報セキュリティマネジメント規格であるISO27001の取り組みを強化し、クラウドサービスにも対応した情報セキュリティ管理体制を示し、実践する規範です。総務省が提供している「クラウドサービス提供における情報セキュリティ対策ガイドライン(第3版)」の改定や、地方公共団体のクラウドサービス利用・提供の検討時に推奨される「地方公共団体におけるセキュリティポリシーに関するガイドライン(令和4年3月版)」にも、サービス選定条件の1つとして参照・推奨されています。

 

  • 当社の「ISO27017」認証概要

・登録事業者:ジョーシス株式会社
・認証範囲:IT運用管理クラウドサービスの提供
(*証書をご参照ください:https://acrobat.adobe.com/link/track?uri=urn:aaid:scds:US:f9f1f9b4-99ae-3278-832d-5523cdbd1cb3
・発行日:2022年12月15日
・適用規格:ISO/IEC 27001:2013 / JIS Q 27001:2014
・審査登録機関:BSIグループジャパン株式会社

 

  • ITデバイス&SaaSの統合管理クラウド「ジョーシス」について

ITデバイス & SaaS の統合管理クラウド「ジョーシス」では、従業員に紐づけたITデバイス・SaaSの台帳管理や入退社に伴うSaaSアカウント発行・削除、退職者の削除漏れアカウントの検知、PC購入やキッティング・ヘルプデスクのアウトソースなど、あらゆるコーポレートIT業務を自動化する機能を提供し、コーポレートITの業務負荷を軽減し、セキュリティ体制を強化します。

・社名:ジョーシス株式会社
・代表取締役社長:松本 恭攝
・設立:2022年2月1日
・資本金:1億円※2022年2月1日時点
・本社:東京都品川区上大崎2-24-9 アイケイビル1F
・企業URL:​https://corp.josys.com/
・利用に関するお問い合わせ:https://josys.com/contact

ジョーシス

ジョーシスは、ラクスルが強みとする調達力・オペレーション力を活用し、コーポレートITのアナログな支援業務の自動化をSaaS / EC /BPOと複数のサービスを通じて提供します