2017年8月26日付 日本経済新聞朝刊2面・社説欄に、弊社サービスに関する記事が掲載されました。

「日本の活性化にシェア経済をいかそう 」というタイトルのもと、「モノではなく、自分の技能や時間を提供するタイプのサービスは柔軟な働き方に道を開き、人手不足解消に資する可能性がある」として、物流のシェアサービス「ハコベル」が紹介されています。

ハコベル

パソコンやスマホから最適なドライバーをマッチングして、荷物の配送予約から支払までを行えるネット運送・配送サービスです。本サービスでは、インターネットを使って各運送会社の非稼動時間を有効活用し、低価格な運配送の仕組みを実現。サービス利用後には利用者がドライバーを評価する仕組みを設け、優良ドライバーのみをネットワークすることで、高品質のサービスを提供しています。