2017年7月19日付 日本経済新聞WEB刊に「昭和で止まった物流業界 スマホで崩す商慣習 物流を救うテクノロジー(中)」というタイトルで物流のシェアサービス「ハコベル」が取り上げられました。

ハコベル

パソコンやスマホから最適なドライバーをマッチングして、荷物の配送予約から支払までを行えるネット運送・配送サービスです。本サービスでは、インターネットを使って各運送会社の非稼動時間を有効活用し、低価格な運配送の仕組みを実現。サービス利用後には利用者がドライバーを評価する仕組みを設け、優良ドライバーのみをネットワークすることで、高品質のサービスを提供しています。