日本初の物流不動産ビジネス専門誌である月刊『ロジスティクス・トレンド』2016年3月号にて、物流シェアサービス「ハコベル」が特集されました。

「シェアリング・エコノミーで配送マッチングサービスを開始」というタイトルのもと、代表・松本のインタビューとともに「ハコベル」が誕生した経緯から、サービス概要、人材発掘にいたるまで、8ページにわたって紹介されております。

ハコベル

物流のシェアリングプラットフォーム「ハコベル」
全国の提携運送会社の非稼動時間を有効活用し、高品質かつ低価格な運配送の仕組みを開発。サービス利用後には利用者がドライバーを評価する仕組みを設け、サービス品質向上を実現しています。