『日経コンピュータ』2015年12月24日号の「News&Trend―シェアリングエコノミーが拡大 ベンチャー6社で業界団体を旗揚げ」という記事の中で、物流のシェアサービス「ハコベル」が取り上げられました。

日本のシェアリングサービスの先駆けである弊社が新たに始めた、印刷ECサービスに続く第二弾の事業として、ハコベルのサービスの詳細が写真とともに紹介されております。

ハコベル

物流のシェアリングプラットフォーム「ハコベル」
全国の提携運送会社の非稼動時間を有効活用し、高品質かつ低価格な運配送の仕組みを開発。サービス利用後には利用者がドライバーを評価する仕組みを設け、サービス品質向上を実現しています。