2015年8月12日付ならびに8月13日付 読売新聞 朝刊の連載特集「共有の経済 ズームイン」上、中において、印刷ECサービス「ラクスル」に関する記事が掲載されました。

モノや空間などの「遊休資産」を有効活用するシェアリング・エコノミービジネスの一例として、提携している印刷会社の印刷機を活用しているビジネスモデルについてご紹介いただきました。

ラクスル

印刷・広告のシェアリングプラットフォーム「ラクスル」
全国の提携印刷会社の保有する印刷機の非稼働時間で印刷することにより、高品質な印刷物を低単価で提供する仕組みを開発。集客活動を支援する新聞折込・ポスティングなどの広告サービスも提供しています。